未分類

霊界のはからい

こんにちは!

あっという間に暑い夏が来てしまいました

温暖化の影響でとても暑いのですが、みなさん夏バテはしていませんか?

オリンピックもスタートして、私の予想道りの動きをしています

2019年に2020年のオリンピックの開催は出来ないと予想をしていた

2021年はどんなことになろうと開催すると思っていましたが、やはりでした

先日、熱海に母と子供達とで一泊してきました

伊豆山の土砂崩れで、道は有料道路を無料解放していて

有料道路を通る用に、誘導されます。

30㎞でハザードを付けながら走らされました

ホテルからの眺めで、目に飛び込んで来たのは

今も土砂崩れで人命救助をしている、自衛隊の宿舎のテントでした

なぜ、この様に事故が起きて、亡くなる人と、生きられる人とに分かれるのでしょうか?

今回の事故は、土地のカルマが動いたのではないのか?

そして、亡くなった方は気の毒なのですが、寿命なんです…

これはどうすることも、出来ません…

亡くなった方達は、苦しくなかったのでしょうか…?

みなさん誰しも、そう思うのではないでしょうか?

一瞬で事故で亡くなる方がいますが、この時には霊界の「はからいが」あります

その方の指導霊が、その人を守り、苦しくない様にしてくれるのです

例えば、一瞬で気絶させて、分からないうちに連れて行ってしまいます

その事だけでも、覚えておいて貰えると安心します

私も忘れてしまうのですが…ミディアムは霊界と通信出来るので

事故で亡くなった方の相談も来ます。


亡くなる瞬間の事をスピリット(亡くなった人)に聞いても、分らないです

気付いた時には、体から抜けています

でも、それを聞いた相談者の方は、みな安心しています

私の父も、去年の3月に亡くなりましたが、父に聞いたところ

本人も死ぬと思ってなかったみたいで「俺もビックリした」と言っていました

父も寿命だったのでしょう

まだまだ、霊界のは未知の世界な気がします

どれが正解で、どれが間違っているのかが分かりませんよね

みんな覚えていないので仕方がないです…

誰しも霊界の「はからい」をお忘れなく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です