未分類

インド!ヴリンダーヴァンから愛を

こんにちは!

インド8日間の旅を終えて、只今体の浄化中!

3日間体の毒素を出す為に、ナチュロパシー(頭~足先まで体のデトックス)に入る。

体から毒素を出すので具合が悪くなるのは仕方がないみたい^^;

今回お世話になったムンデール寺院では、朝の4時半から

聖なるマントラの祈りから1日が始まる。

寺院の中心に聖なる場所があり

それを囲む様に宿舎が建っています。

通いで来る人もいれば、寺院の中に住んでいる人もいる

世界各地からいろんな人が学びに来てる人、寺院で結婚式をあげに来てる人

病気を治すのに長期滞在で、ナチュロパシーに入る人、様々です。

ナチュロパシーはちゃんとドクターがいるので

日本で英語のカルテを書いてもらい、ドクターに見せると、その病気によって治療してもらえます♪

寺院の中入口に、ホメオパシーの薬も配っているので

一般の人とか、具合が悪い人は、その薬を求めて毎日人で賑わってます。

症状を言えばホメオパシーの薬を調合してもらえるみたいです(^-^)

そしてショップが2店舗・食堂・ナチュロパシーとヨガセンター

シロダーラとサウナ・ミストサウナと寺院の中はわりと恵まれてる

ナチュロパシーは強制的ではないのですが、インドは浄化の国なので、この地でデトックスをすると効果があるみたいです。

ムンデ-ル寺院は、聖者マハーラージャ師のお慈悲で運営されています。

もちろん滞在費はかかります、1日3食付5000円くらい

マハーラージャの勉強と音楽の時間付き

部屋には、ベット、枕、サーバー、ごみ箱、シャワー、トイレ、洗面台食器、荷物の棚のみです。

あとは日本から持っていくようですが。

インドはトイレが決まったところにしかなく、聖地巡礼の場所では

有料のトイレしかなく、有料でもあればいい方です!

有料でも、水洗ではないので、バケツに水を溜めてオケで流す、日本では考えられないですね~💦

そして、宿舎はシャワーの圧が弱く、始め2日間はお湯が出なく

バケツに水を溜めてバケツでのかけ湯でした。

インドの気候は、昼間は30度以上、夜20度と寒暖の差が激しい

水でのかけ湯ではちょっと厳しいですが、真冬の滝行よりは全然ましです・・・!

寺院から1歩外に出ると、インドは動物と共存しているので

おとなしい牛は、人間に撫でられても静かで、食べ物を配っていると貰いに来ます❗

道路の真ん中に牛が寝ていたら、車が避けて走るそんな国でした

毎日がギュウギュウなスケジュールで、ほとんど自由行動はないに等しいです💦

そして、聖者マハーラージャから素敵なスピリチュアルネームを降ろして頂きました♥

そして、今回の旅では

インドの聖地を裸足で歩いた過酷な巡礼‼

毎朝4時に起き、立ってても寝てしまいそうな程の寝不足‼

インドの人に混じって、聖地の池での沐浴‼

両ひざがアザになる程の、お祈りの繰り返し‼

インドの人達の洗礼‼

旅行では出来ないことばかりでした。

こんな体験が出来た事!私をインドに行けるよう、気持ちよく応援してくれた人達に、感謝したいと思い今日のブログに書かせて頂きました(⌒∇⌒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です