性行為時の不感症

 

性の悩みは誰にも相談できずに一人で抱えている人って意外と多いんです。
あなたはどうですか?

  • セックスがあまり気持ちよくない
  • ただ痛いだけ
  • いつも演技をしていて、行為中「早く終わらないか」と考えている

など多くの女性が抱えている悩みです。

いわゆる「不感症」と呼ばれるものですがこれは肉体的な原因もありますが、精神的な物や脳が原因という事もあるのです。

というのも、幼少期に男性や父親から何らかの過度なストレスを与えられたり、初めてのセックス時に上手く行かずそれがトラウマになって心の隅に残っている。といった原因が多いからです。

不感症とは何か?

そもそもあなたは不感症なのでしょうか?
不感症とは、生理学的には女性の体に何か問題があって起こるものではなく、性的な感情が抑制されたりする事が原因になります。医学的には、性機能障害(FSD)の1つとされています。

この症状の出始める時期は2通りあります。

1、最初の性交渉から感じられない
・過去のトラウマや性交渉に対する恐怖心・罪悪感などが原因とみられています

2、最初は感じていたのに、何かが原因で感じなくなる
・男性不信やパートナーの怒り、疲労や精神的なストレスなどが原因とみられています。

そんな悩みを性感催眠療法という方法で改善していきます。

あなたの身体の奥底に眠っている感性を催眠状態を通して活性化させたり、過去のトラウマを消し去る事であなた特有の固定観念から解放し、とても感じやすい体(脳)になる事ができます。

性感催眠療法では、基本的には言葉だけをもって改善していきます。
服は着たままで、直接女性患部を触れる事はありませんので、ご安心下さい。

あなたの元々持っている感じ方や感性を催眠療法を使って引き出していきます。

感じる事が出来ない女性は、感じる為の神経がないわけではなく神経伝達が上手く行っていないだけなのです。

催眠状態で1度その感じる神経を活性化し、能力を開放する事が出来ればあとは催眠がなくても感じる事が出来る様になるでしょう。そうする事によって生物本来の欲求である性行為を心から求め合う事が出来る様になり、あなたとパートナーにとって、愛が深まるでしょう。

  

  モニター募集¥20,000 → ¥10000 先着10名様50%引き

 

 

※催眠療法での注意
前日は睡眠をしっかりと取り、遅くまでのお酒はお控えください。

◎以下の方は催眠状態に導くのが困難な為、セラピーをお受けする事が出来ません。

  • 統合失調症などで通院されている方
  • 過去に統合失調症と診断された方
  • 現在、精神科・心療内科に通院されている方(応相談)
  • アルコールを飲んで来た方

\ご予約はこちらからお願いします/

\分からない場合はいつでもこちらからお問い合わせください/